プロフィール
とむ45歳 3人の子供
長女社会人・長男大1・次女中3
ときどき登場の夫45歳
最新記事スクロール

宗像大社 (08/18)

あぁ貧乏 (08/01)

ひんやりって噂のヤツ (07/09)

ムシムシ夏の庭 (07/01)

勝手極まりない (06/16)

過去記事

2017/08 (2)

2017/07 (2)

2017/06 (1)

2017/05 (2)

2017/04 (3)

2017/03 (2)

2017/01 (4)

2016/11 (1)

2016/10 (3)

2016/09 (1)

2016/07 (1)

2016/06 (4)

2016/05 (2)

2016/03 (1)

2016/02 (2)

2016/01 (1)

2015/11 (2)

2015/10 (3)

2015/09 (3)

2015/08 (3)

2015/07 (1)

2015/06 (2)

2015/05 (1)

2015/04 (2)

2015/03 (6)

2015/02 (2)

2015/01 (2)

2014/11 (3)

2014/10 (3)

2014/08 (1)

2014/06 (2)

2014/04 (1)

2014/03 (2)

2014/01 (1)

2013/11 (2)

2013/09 (3)

2013/08 (4)

2013/07 (1)

2013/06 (7)

2013/05 (8)

2013/04 (6)

2013/03 (5)

2013/02 (4)

2013/01 (4)

2012/12 (5)

2012/11 (7)

2012/10 (7)

2012/09 (2)

2012/08 (3)

2012/06 (6)

2012/05 (2)

2012/02 (7)

2011/12 (6)

2011/11 (13)

2011/10 (14)

2011/08 (5)

2011/07 (6)

2011/06 (3)

2011/05 (6)

2011/03 (2)

2011/02 (2)

2011/01 (6)

2010/12 (5)

2010/10 (4)

2010/09 (1)

2010/08 (2)

2010/07 (4)

2010/06 (8)

2010/05 (7)

2010/04 (4)

2010/02 (5)

2010/01 (3)

2009/12 (2)

2009/11 (2)

2009/10 (1)

2009/09 (3)

2009/07 (8)

2009/06 (9)

2009/05 (1)

2009/04 (4)

2009/03 (5)

2009/02 (3)

2009/01 (5)

2008/12 (3)

2008/11 (2)

2008/10 (3)

2008/09 (2)

2008/08 (3)

2008/07 (5)

2008/06 (3)

2008/04 (2)

2008/03 (1)

2008/02 (13)

2007/12 (3)

2007/11 (3)

2007/10 (1)

2007/08 (2)

2007/07 (5)

2007/06 (4)

2007/05 (5)

2007/04 (1)

2007/03 (3)

2007/02 (2)

2007/01 (3)

2006/12 (1)

2006/11 (6)

2006/10 (4)

2006/09 (3)

2006/08 (3)

2006/07 (6)

2006/06 (5)

2006/05 (8)

2006/04 (10)

2006/03 (14)

2006/02 (11)

2006/01 (12)

2005/12 (13)

2005/11 (14)

2005/10 (19)

2005/09 (21)

2005/08 (18)

2005/07 (23)

2005/06 (49)

2005/05 (52)

2005/04 (36)

2005/03 (9)

カテゴリー
RSSフィード

宗像大社

今年のお盆休み、家族の予定を繰り合わせ、15日を小旅行の日とした。
古事記や日本書紀の好きな私は、是非とも宗像大社へ詣でてみたいと思っていたので、
一存で決定。

日程は
九州本土の辺津宮→フェリーで大島昼食→沖津宮遥拝所→中津宮→戻る

まずは、宗像3女神のうち三女の辺津宮。
神殿では雅楽に合わせて巫女さんが舞の練習をしてた。
3女神が降臨したとされる高宮祭場は、ドキドキ。
第二宮と第三宮が工事中だったのは、運が悪かった。

神湊港からフェリーに乗車。
昼食を予約していた民宿の方が、大島港まで車で迎えに来てくださり感謝。
漁師さんの民宿というだけあって、魚尽くしのランチに大満足。

港のターミナルで電動アシスト付き自転車をレンタル。
お盆だし、世界遺産だし、20台しかないって聞いてたし、予約はできないし、と心配してたけど、
難なく借りることができた。意外だ・・・
本日の編隊は、
地図を持ったキャプテン長男(19)
        ↓
若くて体力のある次女(15)
        ↓
最初からふらついている長女(21)
        ↓
何でも出来る気でいる母(45)
        ↓
前の2人が気が気でない父(46)
レッツゴーよ。
15030226640.jpeg


沖津宮遥拝所到着

残念ながら曇っていたため、沖ノ島を見ることはできなかった・・・。
49キロはなれてるんだって。
港から何キロこいできたかしら?
随分高い位置にあるとイメージしていた遥拝所に、結構簡単に到着したため、
私たち家族の中に、
「俺らこの調子なら、自転車で島1周できるんじゃね?」
という自信がみなぎる。
ならば地図の名所に沿って1周しちゃおっか~。

軽く地獄を見ることになる…

キャプテン長男の進むまま、ついていく後続ども。
アップダウンが凄いんじゃ。
幸い曇りだったため、下り坂で涼しい風を感じ鋭気を養い、
上りで精根尽き果てる・・・、を繰り返し。
砲台跡、風車、牧場、馬蹄岩、灯台、地図に書かれた名所を網羅。
途中、御嶽神社と書かれた案内板があったが、
あまりにも急な坂の入り口だったので躊躇していたら、
冒険野郎の夫と長男が、「見て来るわー。」と。
待てども待てども戻って来ず、
風が吹くたびその坂を伝って霧が下りてきて、地獄だか天国の入り口みたいで心配していたら、
体中の汗腺から汗を出しまくった2人が戻ってきた。
どうやら標高220メートルくらいに位置する神社まで行き着いたと。
ご苦労さまでした、どうかこの2人に何かご加護がありますように。

そんなこんなで、最終目標の中津宮を無事参拝。
自転車を返却する際、走行距離を確認したら20キロだった!
夫と息子は更に走っただろう。
なかなか普段自転車でこの距離走らんわー。
結論:電動アシストって素晴らしい。

世界文化遺産に認定された後のお盆だったので、
人でごった返してるかなーと思ったけど、そうでもなく、
のんびりした町の感じが良かった。
個人的には自転車での島1周、お薦め。
楽しい家族旅行になりました。
スポンサーサイト

あぁ貧乏

やっぱり人が一人、別の場所で生活するって、お金かかるわぁー。
大学生となり、一人暮らしを始めた息子のことだけど、
ちょっと考えが甘かったわー。
家賃、光熱費、携帯は親の口座から引き落とし、
生活費は自分で賄うという約束だったが、
早々に始めたアルバイトを転職してしまい、ちょっとロスタイムが生じたため
バイト代が薄給→ごめん、お金を少し振り込んで→こっちの生活を圧迫
という、イヤーな流れになっております、現在。
大金持ちならば、ほれほれ~と送金してやれるだろうけど、
こちらもキュウキュウの生活をしておりますがな。
苦しい中捻出するしかない。

何も言ってこないと、「お金足りてるのかな?」と心配になるけど、
「お金を振り込んでください」とLINEが来ると、
ちょっとイラっとしてしまうワタシなのだった。

どうか卒業するまで、なんとかやっていけますように・・・。

ひんやりって噂のヤツ

9日は22年目の結婚記念日だった。
長女はデートで不在。
次女は先週の豪雨で休校となり、期末テストが1日ずれてしまった。
勉強はしないだろうが、気持ち的に外出はなし。
先日独り暮らし中の息子より、
「洗濯機回りがどうにも片付かん。」
というLINEが来ていたので、
ラック的なモノを求め、お値段以上のあの店に。

すると、CMでおなじみの
ひんやりするアレ発見。
暑がりの夫も興味深々。
見て回りますと、あのクールな素材で
ラグや抱き枕、クッションカバーなどなど色々な商品が出てて驚き。
まずは敷きパットから試してみようと、

Nクールダブルスーパー購入。
人気があるのかな、売り場にあと2枚くらいしか無かった。
他のグレードはたくさんあったのに。
さて効果はいかに。

息子用も購入したので、
来週遊びがてら持って行こうと思う。
息子んちの近くに、超でっかい商業複合施設ができたんだよな~♪
テスト週間って言ってたけど、お邪魔かなぁ~。

ムシムシ夏の庭

昨日、一昨日と、ようやく梅雨らしいだらだら雨にみまわれてたけど、
今日は朝から天気が良い。
ただ、湿気を帯びていて、室内は29度・67%。
正直不快。
中3娘がテスト週間というのに、勉強せずだらだらしてるのも不快。

植物はきちんと手入れしてあげれば、お返ししてくれるので好きだ。
梅雨前に蒸れないよう剪定したラベンダーが、今見ごろ。
足元に這うヒメイワダレソウは、強い生命力で芝生に負けじと咲いている。

時々、勝手にお邪魔してるブロガーさんの記事に、
6月の6の付く日にアジサイをトイレに飾ると、へそから下の病気に効く
とありまして、(すみません、勝手に引用させてもらいました。)
今日その記事を見た。
あ~もう6月終わった…
14988905610.jpeg
我が家のアナベルは挿し木で咲いた3年目のモノ。
花が昨年より小さくなったなー。かわいいけど。

今朝、リビングの掃き出し窓を網戸にしようとした夫が、

「コバエが網戸に異様に張り付いていて、窓が開けられん。」

見に行ったら、まぁほんとに沢山のコバエ。
何で?どこから急に?

探ってみたら、窓の前に目隠しに用に置いている椎の木の鉢植えが出所っぽい。
鉢植えとはいえ、2.5メートルくらいの樹高。
その根元にブンブン飛ぶコバエ。

我が家は毎日、万能茶という16種類くらいの色んなモノが混ざったお茶を
沸かしてるんだけど、
濾した後のお茶ッ葉がなんかもったいない、というワタシの変な良心?が、
よしっ、栄養と共に土へ帰るのだ→保湿がてら鉢の根元へ→適度な湿度
→コバエの温床
となったっぽい。
夫がやったなら文句も言うが、自分なので静かにしている。
今日は天気がいいので、ほじくり返して乾燥させてみようかなー。
ネットで調べた、クロキノコバエに当てはまる気がした。


勝手極まりない

あー、誰とも会いたくない。家族すら。
ずっと本を読んで、何も考えず、ぼーっと過ごしたい。
何も考えず、考えず。
時々やってくるこの病は、
私の心が限界点を超えそうな時に、
じわじわと覆ってくる。

生きていくって、自分を偽ること。
思ってもないこをを言うこと。
無理して微笑むこと。

今はこんな風だけど、
またちょっとしたら
家族のことを考えたり、
友達と出かけたり、
物欲が出たり、
がっつり俗世にまみれて、
それが普通で、
生活が続く。
楽しい時もある。
本当勝手な人間だな。
Thannks
since2005.8.2
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入り
あけまる母さんひとりごと
めかぶの日常。
heartfull season
がきんちょParadise
ほのぼのと…
オクサマは魔女☆
ぎゅぎゅっと
一日一笑

banner_rectangle.gif

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア